当局が外国メディアを非難、少年の取材めぐり タイ洞窟閉じ込め

救出された少年たち。外国メディアの取材をめぐり、タイ当局から非難の声が出ている/Linh Pham/Getty Images

救出された少年たち。外国メディアの取材をめぐり、タイ当局から非難の声が出ている/Linh Pham/Getty Images

バンコク(CNN) タイ北部チェンライ郊外のタムルアン洞窟から救出された少年らへの取材をめぐり、同国司法当局の幹部が外国メディアを非難している。

タイ司法省のタワチャイ副次官はフェイスブックへの投稿で、「未成年者の権利擁護について熟知しているはずの外国メディアのレベルが、実は低いことが分かって悲しかった」とコメント。メディアに対し、未成年者への事情聴取などと同じ指針に従うことを強く求めた。

同国では未成年者への聴取に心理学者の同席が義務付けられている。タワチャイ氏は「傷付きやすい年ごろの子どもたちを守らなければならない」と強調した。

救出された少年らが病院から退院する前、地元当局は国内外の報道陣に対し、児童保護法に基づいて本人たちの心の健康を守るため、インタビューの依頼を慎むよう要請していた。

チェンライ県が21日に出した声明によると、プラチョン知事はこのほど、少年らの権利を守るための方策を話し合うプロジェクトチームを任命した。

一部の外国メディアが、退院した少年らの自宅を訪れてインタビューしたとの報告を受けた動きだという。児童保護法に違反した者には最大で罰金6万バーツ(約20万円)か禁錮6カ月、またはその両方が科せられることになっている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]