タイ洞窟から救出の少年サッカーチーム、マンUを訪問

マンUの本拠地を訪れ、サポーターからの拍手に答えるワイルドボアーズのメンバー/Michael Regan/Getty Images Europe/Getty Images

マンUの本拠地を訪れ、サポーターからの拍手に答えるワイルドボアーズのメンバー/Michael Regan/Getty Images Europe/Getty Images

(CNN) タイ北部の洞窟に閉じ込められ、救出劇で話題を呼んだサッカーチームの少年らが、イングランド・プレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッド(マンU)に招かれて練習や試合を見学した。

洞窟から救出された地元サッカーチーム「ワイルドボアーズ」の少年12人とコーチは27日、マンUの練習場を訪問。28日には本拠地スタジアムのオールド・トラフォードで、プレミアリーグの対エバートン戦を観戦した。試合はマンUが2―1で勝った。

試合開始に先立ち、スタジアムのサポーターたちから少年らに拍手が送られた。

ワイルドボアーズは今月、アルゼンチン・ブエノスアイレスで開かれたユース五輪にも招待された。同国の人気クラブ、リーベルプレートの少年チームとの親善試合では3対3で引き分けた。

救出直後の7月にはワールドカップ(W杯)ロシア大会決勝にも招かれたが、健康上の理由で断念していた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]