洞窟内で数百の「魔よけ」発見、数・種類ともに過去最多か 英

数百もの「魔よけ」がクレスウェル・クラッグスの洞窟で見つかった/Historic England

数百もの「魔よけ」がクレスウェル・クラッグスの洞窟で見つかった/Historic England

(CNN) 英イースト・ミッドランズにある洞窟「クレスウェル・クラッグス」の壁に数百もの「魔よけ」が刻まれていることがわかった。専門家からは、見つかった魔よけの数は英国でも最多との見方が出ている。

魔よけがあることが判明したのは昨年10月。それ以来、調査が進められていた。

いつごろ作られたものなのかは不明だが、一部の魔よけについては、1550~1750年ごろに建設された家屋で発見されている。

専門家によれば、似たような魔よけは、教会や家屋、他の洞窟にも刻まれており、病気や死、不作を退けるために使われたという。

中には、対角線や迷路、箱などの形も見えるが、これらは悪魔を「罠(わな)で捕らえる」ために使われたとみられる。

魔よけは地元の人々が加護を求めて刻んだとみられている/Historic England
魔よけは地元の人々が加護を求めて刻んだとみられている/Historic England

今回の発見は、これまで英国で発見された中でも最も集中して見つかったものである可能性がある。また、数や種類の多さについても過去に例がないという。

英レスター大学の専門家、アリソン・ファーン氏は、今回発見された魔よけの数は国内でも最多となる事例ではないかとの見方を示す。

魔よけは、縁起を担ぐ地元の人々が洞窟から出てくるものを懸念して刻んだ可能性がある。

クレスウェル・クラッグスでは2003年、約1万3000年前にさかのぼるとみられる壁画も見つかっていた。

  
      

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]