ジャーナリストの焼身自殺でデモ激化、警官隊と衝突 チュニジア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
焼身自殺に続く情勢の不安定化は「アラブの春」につながる2010年の状況を思わせる/HATEM SALHI/AFP/Getty Images

焼身自殺に続く情勢の不安定化は「アラブの春」につながる2010年の状況を思わせる/HATEM SALHI/AFP/Getty Images

チュニジアでは2010年、首都チュニスでモハメド・ブアジジさんが焼身自殺したことをきっかけに抗議デモが激化、「アラブの春」と呼ばれる運動が11年にかけて北アフリカから中東へ広がった。

ブアジジさんの焼身自殺が発端となって当時のベンアリ政権は崩壊。その後民主化は進展したものの、厳しい経済状況が続き、失業率は高いままだった。

今回の抗議デモについて内務相は、理由については理解できるとした上で、デモの権利は法を逸脱しない範囲で行使し、夜間は行わないよう呼びかけた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]