インドネシアの墜落機、過去4回の飛行で計器に不具合

ジャカルタ(CNN) インドネシアのライオン・エアーJT610便(ボーイング737型機)が海上に墜落した事故で、同機は墜落時も含めて最後の4回の飛行で対気速度計に不具合が起きていたことが分かった。同国の国家運輸安全委員会が5日、CNNに明らかにした。

同機は10月29日に首都ジャカルタ沖で墜落し、搭乗していた189人全員が死亡した。同委員会などの専門家が、現場から回収したフライトデータレコーダーを解析した結果、対気速度計の不具合が判明した。今回の調査で技術的問題が見つかったのは初めて。

対気速度計の不具合についての詳細は米国家運輸安全委員会(NTSB)やボーイングにも報告し、再発防止のための対策を要請しているという。

インドネシア国家運輸安全委員会の担当者によると、操縦室には2基の対気速度計があり、「1基は機長のもの、もう1基は副操縦士のもので、どちらか1人が自分の画面で対気速度計の不具合に対処していたはずだ」という。

フライトレコーダーの解析は、ボーイングとNTSBがインドネシアの専門家と協力して進めている。

インドネシア国家運輸安全委員会によれば、610便が空中爆発した形跡はなく、エンジンが作動したまま高速でジャワ海に墜落したと見られるという。

同委員会はジャカルタで待機している被害者の家族に対し、同機で技術的問題があったと説明している。

同機については、事故の前日に別のルートで運航していた操縦士からも、技術的問題が報告されていたことも明らかになった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]