無人の貨物列車が90キロ暴走、故意に脱線させ止める 豪

オーストラリアで使われている鉄鉱石の貨物列車の資料写真/BHP

オーストラリアで使われている鉄鉱石の貨物列車の資料写真/BHP

(CNN) オーストラリア運輸安全委員会(ATSB)は5日、西オーストラリア州で、鉄鉱石を積んだ貨物列車が無人のまま時速約100キロで92キロ走行したと明らかにした。貨物列車はその後、故意に脱線させた。けが人はいないという。

ATSBによれば、貨物列車は機関車4両と貨車268両の編成だった。鉱山大手のBHPビリトンが運用しており、鉱山の町から港への輸送に使われていた。

運転手が午前4時40分ごろ、貨車の点検のために機関車の外に出たところ、列車が動きだした。その後、午前5時半ごろに強制的に脱線させたという。

列車は運転手がいない状態で、管理センターがポイントを操作して故意に脱線させるまでに92キロ走行したという。

今回の件について調査が行われている。

BHPビリトンは全ての鉄鉱石の貨物列車について運行を停止したことを明らかにした。今回の件でけが人は出ていないという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]