インドネシア機墜落、降着装置と本体の一部を発見

インドネシア機墜落、本体の一部発見

ジャカルタ(CNN) インドネシアの海上でライオン・エアーのJT610便が墜落した事故で、国家捜索救助庁は記者会見を開き、1日の捜索で降着装置と車輪および本体の大きな一部分を発見したと明らかにした。

この前日には、飛行データを記録したフライトデータレコーダー(FDR)が見つかっていた。事故では新型のボーイング737型機が墜落し、搭乗189人全員が死亡したとみられているが、フライトデータレコーダーの発見で原因究明につながる可能性もある。

国家捜索救助庁の責任者は記者会見で、部品の場所を特定するために新たな戦略を用いたと説明。石油会社の船舶や遠隔操作型無人潜水機(ROV)などを投入したことを明らかにした。

一帯の捜索には同庁や海軍および警察のダイバーが派遣されており、2日には船用クレーンを用いて降着装置を引き上げる予定だという。

コックピット内の音声を記録したコックピットボイスレコーダー(CVR)については、発信される信号音をまだ検知できていないと説明した。CVRは深さ35メートルあまりの海底にあるとみられている。

ライオン・エアー機は10月29日、離陸して13分後に墜落した。フライトでは1時間をかけてジャカルタからバンカ島のパンカルピナンへと向かう予定だった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]