北朝鮮がシリアに化学兵器材料を輸出か 国連報告書

15歳少年が伝えるシリア首都の惨状

(CNN) 北朝鮮がシリアに対し、化学兵器の製造に使える材料を輸出していたことが分かった。米紙ニューヨーク・タイムズが最初に伝え、国連安全保障理事会の外交官が匿名でCNNに語った。

この人物は国連の調査団による報告書の内容として、北朝鮮から耐酸性のタイルや弁、温度計などがシリアへ送られたと述べた。

シリアでは最近も、アサド政権が首都ダマスカス近郊の東グータで化学兵器の塩素ガスを使ったと報告されている。ただし政権側はこれまで、化学兵器の使用を繰り返し否定してきた。

国連は毎年2回、北朝鮮についての調査報告書をまとめている。その内容は通常非公開とされてきたが、同外交官は今回の最新版が来月16日に公開されるとの見通しを示した。

国連報道官の一人は、報告書の内容は目にしていないとしたうえで、北朝鮮には制裁措置として貿易制限が科されていることを指摘。さらに「シリアにこれ以上兵器はいらない。化学兵器などとんでもない」と強調した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]