母親がHIVを秘密に、全家族感染 一変した少女の人生を追う ウガンダ

HIV、その歴史を振り返る

(CNN) 2013年、ジェニファー・ムカイトさん(当時18)の人生は一瞬にして激変した。

ムカイトさんの過去と現在と未来を一変させたのは、きょうだいも聞くのを恐れていた質問に対する母親からの答えだった。

母親はベッドに伏せ、動くことも食べることもできない状況ながら病院に治療を受けに行くのを拒んでいた。そんな中、ついにムカイトさんたちは勇気を振り絞って聞いた。「HIVに感染しているの?」

答えは「そうなの」だった。

さらに悪いことに、母親はムカイトさんやその弟(当時14)、妹(当時10)が生まれる前からウイルスに感染しており、治療も受けていなかった。

母親の告白によれば、治療薬は大きすぎて飲み込めなかったのだという。

ウガンダ東部ブギリ県にある村では、すぐに母親に関するうわさ話が広がり、家族全員がHIVに感染しているに違いないと至る所でささやかれるようになった。

ムカイトさんはこの頃を振り返り、難しい時期だったと話す。

世界保健機関(WHO)によれば、HIV陽性の妊婦が抗ウイルス薬を摂取していない場合、赤ちゃんにウイルスをうつす可能性は15~45%。妊娠期間中や出産時、授乳時を通じて治療を受けていた場合、そのリスクは5%未満に下がる。

ウガンダを含む大半の国では簡単に検査や治療を受けられる体制になっているが、ムカイトさんが生まれた時、母親は検査も治療も受けていなかった。

HIV陽性であることを明かした後、ムカイトさんの母親は父親によって家から追い出された。しかし、どこにも行くあてがなく、面倒を見る人が誰もいない状況だったことから再び家に戻り、数週間後に死去した。

子ども3人と父親は間もなく、自分たちもHIV陽性であることを知った。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]