イラク首相が現地入り、「大きな勝利」 モスル奪還作戦

アバディ首相によれば、イラク軍はISISが人間の盾として利用している民間人を解放しようと戦闘を継続している。ISISの戦闘員はおよそ50から100の建物で民間人を人間の盾としているという。

イラク軍は昨年10月、モスル奪還作戦の実行を発表。イラク軍兵士ら約10万人が作戦に参加した。モスルは外国人兵士がイラクに入るための流入口のひとつとみられていた。

戦闘員がモスルに流入したため、数十万人の住民が街から避難し、難民危機が引き起こされていた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]