G20閉幕 温暖化対策は「米国以外」で合意

G20が閉幕、米のパリ協定離脱は「遺憾」

ハンブルク(CNN) ドイツのハンブルクで開かれていた主要20カ国・地域(G20)首脳会議は8日、首脳宣言を採択して閉幕した。温暖化対策の国際的な枠組み「パリ協定」をめぐり、米国とほかのメンバーとの溝が鮮明になった。

2日間の会議では、「米国第一」を掲げるトランプ米政権のパリ協定離脱や保護主義的な政策に対して厳しい意見が相次ぎ、議論が難航した。

議長を務めたドイツのメルケル首相は閉幕にあたり、米国がパリ協定離脱を表明したことに改めて「遺憾」の意を示した。そのうえで、米国以外のメンバーは「パリ協定を取り消すことはできない」との認識で一致し、今後も協定を守ると明言した。

ロシアのプーチン大統領も会議終了後、温暖化は「大きな問題」だと強調した。そのうえで、米国がパリ協定離脱後もこの問題についての議論を続ける姿勢を示したことは、メルケル首相による尽力の成果だと指摘した。

英国のメイ首相は、温暖化問題に対する米国の態度に失望したと述べ、トランプ米大統領に再考を促してきたことを強調した。

カナダのトルドー首相も、経済成長と環境保護は両立できるとの考えを改めて表明した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]