ハノイ市、バイク乗り入れ禁止へ 2030年までに

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ハノイ市内へのバイクの乗り入れが2030年までに禁止される

ハノイ市内へのバイクの乗り入れが2030年までに禁止される

(CNN) ベトナムの首都ハノイの交通運輸行政当局は9日までに、オートバイによる市内への乗り入れを2030年までに全面的に禁じる政策を発表した。

声明で、環境汚染や深刻な道路混雑に触れ、オートバイの増加が危機的な水準に達していると指摘した。総人口が700万人の同市でのオートバイ保有台数は500万台を超えるという。

オートバイや自動車の数はハノイ市の全ての地区で道路の処理能力の1.34倍に達し、混雑が目立つ一部の中心部では最大で3.72倍に相当するとした。

声明は、2030年までに公共交通輸送網を改善するとも約束した。ハノイには現在、利用しやすく広範な路線網を持つ交通手段はない。この中で住民のオートバイ利用への傾斜が進む一方となっている。

オートバイ禁止を計画する都市はハノイが初めてではない。中国のメディアによると、同国大陸部では北京や深センを含む30都市以上が過去15年にわたり利用の規制もしくは禁止を実施している。

ハノイでの計画については、道路混雑の悩みには共感するもののオートバイは同市の独自性の象徴と受け止める市民もいる。乗り入れ禁止は環境保護につながるだろうが車は高く、多くの住民に購入する余裕はないとし、オートバイはより安く買えるとも説明している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]