CNN EXCLUSIVE

ISIS、支配の秘密は地下のトンネル網 空爆避け隠密行動 CNN EXCLUSIVE

ISISの「秘密のトンネル」に潜入

ラマディ(CNN) イラク政府軍が最近、過激派組織「イラク・シリア・イスラム国(ISIS)」からの奪還を宣言した要衝ラマディ。その地下には、ISISが掘ったトンネル網が張り巡らされていた。

政府軍と米軍主導の有志連合は数カ月に及ぶ戦闘の末、ラマディ中心部からISISを撃退した。だが地元の部族指導者によれば、ISISはほかの拠点と同様、ラマディでも依然として市内の約4分の1を支配している。

ISISの残党は、有志連合による激しい空爆からどのようにして逃れてきたのか。その答えは地下にあった。

イラク軍で対テロ特殊部隊を指揮するサミ・カシム少将がCNNに語ったところによると、同部隊はISIS戦闘員の行方を追うなかで、かれらが逃げ込む地下トンネルを発見した。

ISISはひとつの領土を支配するたび、まずそこにトンネルを掘るという。トンネルの深さは約10メートル、幅はわずか1~2メートル。民家の間をつなぎ、道路を横断しなくてもこっそり行き来できるようにしてある。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]