ISISへ「マンチェスターより愛を」 英軍が爆弾に表記

(CNN) 過激派「イラク・シリア・イスラム国(ISIS)」の掃討作戦に関与する英空軍当局は27日までに、任務遂行に用いる爆弾の表面に「マンチェスターより愛を込めて」との文句が大文字で描かれていることを確認した。

この爆弾の写真がソーシャルメディア上に流れているという。英マンチェスターで最近発生した自爆テロ事件への報復を表現した行為と受け止められている。事件ではISISの関与が疑われている。

文字が記された日時や実際に空爆に使用されたのかは不明。英空軍の報道担当者はCNNに、「写真は本物」と電子メールの返答で明かした。

英空軍はイラクやシリアでISIS拠点への空爆に参加している。

爆弾の表面などにメッセージを書き込む事例は世界各国の空軍要員の間で以前にもあった。中東ヨルダンでは2015年2月、ISIS標的のシリア空爆に従事する同国空軍が「イスラムはあなたたちの行動と何の関係もない」との字句を描いた爆弾を使ったことがあった。

ISISが同月、ヨルダン空軍の操縦士を焼き殺すビデオ映像を流したことへの報復だった。この爆弾の文字には「彼らに火の石を落とせ。そうすれば彼らは背を向け、逃げるだろう」とのイスラム教聖典「コーラン」の一節も引用されていた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]