ISISの花嫁、戦士3人と結婚 モロッコ女性が見た「地獄」

2017.04.27 Thu posted at 12:12 JST

[PR]

(CNN) 4年間のうちに3回結婚したその相手は、すべて過激派組織「イラク・シリア・イスラム国(ISIS)」の戦士たちだった――。「地獄のような日々」から逃れ、シリアでクルド人民兵に保護されている女性に、CNNがインタビューした。

イスラム・ミタトさんはモロッコ生まれ。最初の夫とは、イスラム教徒向けの紹介サイトで知り合った。アフガニスタンで生まれ、英国の市民権を取得した男性だった。

町を飛び出してデザイナーになりたいと夢見ていたミタトさんにとって、理想の結婚相手だった。

2人は結婚してドバイに移った。そこから夫の実家があるアフガニスタンへ向かったが、現地の治安が悪かったため、1カ月後に夫はドバイへ、ミタトさんはモロッコへ戻った。

まもなく夫から「トルコで仕事が見つかった」と知らせがあった。まず2人で旅行に行こうと言われ、連れて行かれた先はトルコ南部のシリア国境に近い街、ガジアンテプの民家だった。

そこからシリア側へ向かうと聞いて拒否しようとしたが、夫に「妻なら私の言うことに従え」と命じられた。

シリアの宿舎には、ISISが樹立を宣言したいわゆるカリフ制国家への移住を目指す人々が、欧州やアフリカなど世界各地から集まっていた。

メールマガジン

[PR]