神父が「中絶の罪」許す権限、無期限で延長 ローマ法王

ローマ法王フランシスコが、人工中絶の罪を許す神父の権限を無期限で延長すると発表

ローマ法王フランシスコが、人工中絶の罪を許す神父の権限を無期限で延長すると発表

(CNN) ローマ法王フランシスコは21日に公開した書簡で、カトリック神父の権限で人工妊娠中絶の罪を許すことができるとした期間を無期限で延長すると発表した。

カトリック教会では20日までの1年間を「慈しみの特別聖年」と定めており、フランシスコ法王は昨年、この1年の間は司教だけでなく神父も人工妊娠中絶の罪を許すことができると発表していた。今回の発表により、特別聖年が終わった後も神父のこの権限が持続される。

ただしカトリック教会では依然として、人工妊娠中絶は「重大な罪」とみなされる。それでも今回の措置により、中絶した女性も罪を許されて教会へ戻ることが容易になる。

フランシスコ法王は書簡の中で「中絶は罪のない命を終わらせることであり、重大な罪である」と強調しながら、「だが同じように、神の慈しみが届かない罪、心から悔い改めて神父に許しを求めたときに拭い去れない罪は存在しない」と指摘している。

さらに「この悔悛の旅において悔い改める者をすべての神父が導き、支え、慰めんことを」と祈り、「人工妊娠中絶の罪を犯した者たちを許す権限をすべての神父に与える」とした。

カトリック教会では1世紀以来、人工妊娠中絶を「道徳的な悪」とみなし、信者が中絶した場合は教会から破門されていた。多くの場合、この処分を解除できるのは司教に限られていた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]