アフガン首都のモスクで自爆テロ、百人死傷 ISISが声明

アフガン首都カブールでモスクを標的にした自爆テロが発生

アフガン首都カブールでモスクを標的にした自爆テロが発生

カブール(CNN) アフガニスタンの首都カブールで21日正午すぎ、イスラム教シーア派のモスク(礼拝所)を狙った自爆テロがあり、少なくとも30人が死亡、70人が負傷した。

過激派組織「イラク・シリア・イスラム国(ISIS)」がメディア部門のアマク通信を通して犯行声明を出した。自爆犯の身元に関する情報は公表しなかった。

地元警察の報道官によると、犠牲者の中には子どもや女性が含まれている。自爆犯はモスクに侵入して自爆した。

モスクにはこの日、預言者ムハンマドの孫、フセイン師を追悼する行事「アシュラ」から40日後の儀式に参列するため、多くの信者が集まっていた。

アフガンの反政府勢力タリバーンの報道官は、犯行への関与を否定している。

アフガン担当国連事務総長副特別代表のカーデル氏は「宗教や民族に対する寛容はアフガン国民が堅持する価値観だ。アフガン当局に対し、いかなる信仰を持つ国民も全て守るために全力を尽くすよう求める」と述べた。

カブールの米大使館は、犯行を「愚かで卑怯な行為」と非難する声明を出した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]