ローマ法王庁、火葬の新指針を発表 散骨や自宅保管は認めず

2016.10.26 Wed posted at 11:59 JST

[PR]

ローマ(CNN) ローマ法王庁(バチカン)は25日、カトリック信者の埋葬に関する新しい指針を発表し、火葬後の遺灰を海にまいたり自宅に置いたりしてはいけないと規定した。

新しい指針では、火葬後の遺灰は教会の墓地など「神聖な場所」に収めなければならないと説き、遺灰を親族の間で分けたり、遺品やジュエリーなどに入れるなどして保管することは認めない方針を打ち出している。

カトリック教会では何十年も前から火葬を容認してきた。しかし今回の指針には、火葬が「死についての誤った考え」を生じさせかねないというローマ法王庁の懸念がにじむ。現代社会で死後の生に関する世俗性が強まる傾向や、遺灰を軽く扱って寺院など神につながる場所に納めず、遺族のための記念品に入れるといった行為に対して警鐘を鳴らす意味合いが込められた。

米国でもほぼ半数が火葬を選ぶ意思表示をするなど、火葬が普及するに伴い、カトリックなどの宗教界はその現状に追いつこうとしてきた。

しかし近年はカトリックの教えに反する「新たな思想」が広まりつつあるとローマ法王庁は述べ、自然崇拝や自然主義、ニヒリズム(真理に対する極度の懐疑論)を特に問題視。そうした理由から火葬を選ぶのであれば、カトリックの埋葬は受けられないとした。

メールマガジン

[PR]