英14歳少女の遺体を冷凍保存、未来の蘇生と治癒に希望託す

自らの遺体を冷凍保存したいという14歳少女の遺言が英国の裁判所によって認められた

自らの遺体を冷凍保存したいという14歳少女の遺言が英国の裁判所によって認められた

ロンドン(CNN) 自分の死後は遺体を冷凍保存してほしいと望んだ英国の14歳の少女の願いが英高等法院で認められ、このほど米国の施設で遺体を冷凍する処置が行われた。

判決によると、この少女「JS」さんは治療困難ながんと診断され、遠い未来に蘇生して治癒できる可能性に希望を託して遺体の冷凍保存を望んだ。

JSさんは、「私はまだ14歳。死にたくないけれど、死ぬことが分かっている。冷凍保存すれば、たとえ何百年も先であっても治癒して目覚めるチャンスがあると思う。地中に埋められることは望まない」と書き残していた。

少女の両親は離婚して仲が悪く、母親は少女の思いを支えてくれたが、2008年以来会っていなかった父親は当初反対していた。

自らもがんと闘病する父親は、「たとえ治療が成功して、例えば200年後に生き返ったとしても、親類は1人もいなくなっていて記憶もない可能性があり、14歳という年齢を考えると絶望的な状況に追い込まれるかもしれない」と主張していた。

それでも父親は後に考えを変え、娘の判断を尊重すると表明した。

裁判官は父親のそうした姿勢に理解を示す一方で、今回の判決は冷凍保存が科学的かどうかについて判断するものではなく、娘が死去した後の対応を巡る両親の間の争いについて判断するものだと強調している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]