部族衝突の激化で70人死傷、ペットのサルが発端 リビア

2016.11.22 Tue posted at 11:10 JST

[PR]

(CNN) リビア南西部で女子生徒がペットのサルに襲われたことをきっかけとして対立する部族同士の衝突が激化し、病院関係者によると21日までの4日間で少なくとも14人が死亡、60人が負傷した。

衝突は南西部のセブハで18日、有力部族カダファ族とスレイマン族の間で発生した。国連リビア支援ミッションは、死者は少なくとも20人、負傷者は50人以上と伝えている。

発端は17日、スレイマン族の女子生徒がカダファ族の住民のペットのサルに顔を引っかかれ、頭部を覆うスカーフをはぎ取られたことだった。

この報復としてスレイマン族の住民がカダファ族の男性数人を殺害。現地からの報道ではサルも殺されたと伝えられている。

その後も衝突は収まらず、21日早朝の時点でも銃撃や戦車の砲撃、迫撃砲による攻撃が続いて住民は外出を控えている。

メールマガジン

[PR]

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]