イエメンの食料危機深刻化、数百万人が飢餓の恐れ

極度の栄養失調状態に陥ったサイーダ・バヒリさん

極度の栄養失調状態に陥ったサイーダ・バヒリさん

(CNN) イエメンの病院のベッドに横たわるサイーダ・バヒリさんは18歳。やせ細った体には、子ども服さえも大きすぎに見える。極度の栄養失調状態に陥って、今は港町ホデイダの病院で手当てを受ける。国連世界食糧計画(WFP)は食糧危機が深刻化するイエメンの窮状を訴え、国際社会に支援を呼びかけている。

イエメンは2015年から内戦が続き、WFPは今年2月以来、毎月300万人以上に食料を届けてきた。しかし次第に状況が厳しくなり、毎月600万人に行き渡らせるために供給分を分割して対応。それでも需要の増大に対応できず、供給は底を突き始めているという。

「命を救うための援助を拡大して、もっと多くの人に食料援助と予防措置を行き渡らせる必要がある」。WFPはそう訴え、国際社会にイエメンの人たちを支援するよう呼びかけた。

イエメンでは反政府武装組織「フーシ」が2015年初めに政府を崩壊させて首都サヌアを制圧した。サウジアラビア率いるアラブ有志連合は同年3月からフーシに対する軍事作戦を開始。フーシを支援するイランとの間で代理戦争と化している。長引く紛争の影響でこれまでに数千人が死亡した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]