機内誌で「露骨な人種差別」、航空会社に非難殺到 中国

機内誌の人種差別的な記述に怒りの声が巻き起こった

機内誌の人種差別的な記述に怒りの声が巻き起こった

香港(CNNMoney) 中国国際航空は8日、系列の出版社による「不適切な表現」があったとして、最新記事の載った機内誌をすべて回収したことを明らかにした。当該の機内誌は、人種差別的な内容が含まれているとして非難の的になっていた。

問題になったのは、同航空の機内誌9月号に掲載された英ロンドンの観光案内の記事。「ロンドンは全般的に安全だが、主にインド系、パキスタン系、黒人が居住する地域へ入る際は注意する必要がある」と勧告する内容だった。

これに対して「露骨な人種差別」と非難する声が殺到。ロンドン西部で多様な人種の住民が住む地区出身のビレンドラ・シャルマ議員は7日、「一部の人たちは今に至ってもなお、事実と異なるあからさまな人種差別的発言が許されると思っていることにショックを受け、愕然とした」と述べ、駐英中国大使に書簡を送って同航空からの謝罪を求めたことを明らかにした。

中国国際航空は機内誌を発行する系列出版社に対し、「今回の事例を教訓として、同様の問題の再発を防止するため内容の精査を強化するよう求めた」と説明している。

同出版社は問題の記事について「編集上のミスであり、当誌の見解を反映したものではない」と釈明して謝罪した。

中国外務省の報道官は8日の定例会見で、「全ての人種は平等であり、あらゆる種類の人種差別に反対する」という中国政府の立場を強調している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]