警察が難民に食料を投げ入れ、「非人間的」の声 ハンガリー

難民に食料を投げ与える映像

ハンガリー南東部ロスケ(CNN) ドイツなどを目指す難民らが経由地として殺到しているハンガリーで11日、警察が難民の集団に食料品の入った袋を投げ与える様子を捉えた映像が浮上し、波紋を広げている。

映像はオーストリアの活動家が9日、セルビアとの国境に近いハンガリー南東部ロスケで、当局が運営する施設で撮影したもの。警察が投げ入れたプラスチック包装のサンドイッチを受け取ろうと、人々が押し合う様子が映し出されている。

移民らはCNNの取材に対し、ロスケのキャンプで非人間的かつ屈辱的な扱いを受けていると証言していた。動物のように食料や水が投げ与えられ、コンクリート製の格納庫のような場所に十分な医療体制もなく詰め込まれ不満だと漏らす難民もいる。難民の中には、警察の規制線を突破しようとしたり、徒歩での移動を開始する動きも出ていた。

ハンガリーはギリシャからバルカン諸国を抜けて北欧や西欧を目指す経由地となっており、この数週間で、主にシリア難民ら数万人が国境を越えて入国。難民流入への対応に苦慮しているほか、移民らの扱いをめぐり人権団体から批判を浴びている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]