インドの「鉄の女」、16年間のハンスト打ち切り選挙出馬へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「鉄の女」の異名をとるインドの人権活動家、イロム・シャルミラさん

「鉄の女」の異名をとるインドの人権活動家、イロム・シャルミラさん

(CNN) インド北東部マニプール州で16年前からハンガーストライキを続けてきた人権活動家のイロム・シャルミラさんが9日、自身の意思でハンストを打ち切り、今後は選挙で政界入りをめざすと表明した。

シャルミラさんは報道陣の前でほほ笑み、続いてすすり泣いた。自らの手のひらですくいとったはちみつをなめて、「この瞬間を決して忘れない」と述べた。強制的に栄養を送り込んでいた鼻のチューブは取り外された。

シャルミラさんは「マニプールの鉄の女」として知られ、2005年にはノーベル賞にもノミネートされた。マニプール州で00年、インド軍兵士が民間人10人を殺害したとされる事件をきっかけに、軍に令状なしの捜索、拘束、射殺など強大な権限を与える軍事特別権限法(AFSPA)に抗議するハンストを始めた。

16年間に及んだハンストは世界でも最長とされるが、変化を起こすために政界をめざす道を選んだ。報道陣との会見で「私は革命の真の体現者。マニプール州首相になりたい」「過酷な法律を廃止することが最優先だ」と語った。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]