ホテルに襲撃、議員ら13人死亡 ソマリア首都

ソマリア首都のホテルが襲撃され、死者が出た

ソマリア首都のホテルが襲撃され、死者が出た

ソマリア・モガディシオ(CNN) ソマリアの首都モガディシオで1日、ホテルが襲撃され、治安当局によれば、下院議員2人を含む少なくとも13人が死亡し、40人以上が負傷した。事件後、イスラム過激派組織「シャバブ」が犯行声明を出した。

襲撃したメンバー3人も死亡した。最初の自動車爆弾による襲撃で、メンバー1人が死亡。残る2人はソマリアの特殊部隊に殺害されたという。

襲撃は、爆発物を積んだ自動車が建物のゲートで爆発したことで始まった。その後、2時間以上たっても銃撃の音が聞こえていたという。

シャバブはネット上に犯行声明を出し、戦闘員が爆発物を積んだ車両をゲートで爆発させ、武装したメンバーが建物内に侵入したとしている。こうした戦術は以前にもシャバブは採用しており、昨年、ソマリア首都の別のホテルも似たような方法で襲撃され15人の死者が出た。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]