イスラム教法学者の最高権威、「チェス」禁止の発言 サウジ

チェスはイスラム教の教えに反する?

チェスはイスラム教の教えに反する?

(CNN) サウジアラビアのイスラム教法学者の最高権威とされる人物は23日までに、チェスやその類似のゲームは賭博の要素がありイスラム教では禁止されるとの見解を示した。

宗教問題を扱うテレビ局の番組に出演し、信仰と罪などに関する質問への返答の中で明らかにした。この中で高位聖職者評議会のアブドルアジズ・ビン・アブドラ・シェイフ議長はチェスは「時間、お金の浪費であり、これに興じる人間の間で敵意が生じる」などと指摘。

イスラム教の聖典コーランの一節も引用し、「ワイン、賭博、偶像や占い矢は嫌悪すべき悪魔の業である。これを避ければ幸運を得られるだろう」などとも説いた。

同議長がテレビ番組に出演した時期は不明だが、このビデオ映像は先月ユーチューブで流れていた。サウジのチェス協会は映像には驚いたが、チェス禁止などの公式な通知は受けていないと説明している。今回の発言の真意の説明を期待しているとも述べた。

この中で同協会が主催するチェス選手権が22日、2日間の日程でサウジのメッカで始まった。同国の首都リヤドでは今年の6月初旬、日程が2日間の別の大会開催も予定されている。

議長の発言はツイッターでも反響を呼び、「国王打倒を目指すようなゲームは評価しないのだろう」などの書き込みがあった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]