ロシアの元情報部員毒殺、プーチン大統領が承認か 英調査委

2006年に放射性物質の投与により殺害されたロシアの元情報将校、リトビネンコ氏

2006年に放射性物質の投与により殺害されたロシアの元情報将校、リトビネンコ氏

ロンドン(CNN) ロシアの元情報機関員が2006年にロンドンで殺害された事件について、英国の独立調査委員会は、ロシアのプーチン大統領がおそらく殺害を承認していたとの調査報告書を発表した。

殺害されたのはロシアの情報機関「連邦保安局(FSB)」のアレクサンドル・リトビネンコ元局員(当時44歳)。調査報告書によれば、ロシア人工作員2名が放射性物質ポロニウム210を使ってリトビネンコ氏を殺害したことは「間違いない」という。

またこの2人は、FSBの指示で犯行に及んだとみられるという。

報告書には「FSBのリトビネンコ氏殺害作戦はおそらく、ニコライ・パトルシェフ氏とプーチン大統領の承認を受けていた」と書かれている。パトルシェフ氏は2006年当時、FSBの長官を務めていた人物。

もっともロシア外務省は、調査報告書は政治的動機によるものだと一蹴。同省報道官は21日、「純粋な犯罪事件が政治利用され、両国関係の全般的な空気を悪くしたことを遺憾に思う」と述べた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]