「自分は両性愛者」、認識する人の割合が増加 米

両性愛者を自認する米国人が増えつつあるとの調査結果が出た

両性愛者を自認する米国人が増えつつあるとの調査結果が出た

(CNN) 自分のことを両性愛者だと考えている米国人の割合が増えていることが米疾病対策センター(CDC)の最新の調査で明らかになった。

両性愛に対する世間の認知度が年々高まるなか、自分が両性愛者であることを認めるのが容易になっていることが背景にあると、インディアナ大学のデビー・ハーベニック准教授は言う。

調査はCDCの「全米家族成長調査」の一環として、2011〜13年に行われた。米国内の18〜44歳の9000人以上を対象に「どんな性行為をしたことがあるか」「ひかれるのは同性か異性か」「あなたは異性愛者か同性愛者か両性愛者か」を尋ねる内容だ。

前回調査(06~10年)と比べ、全体的な結果に大きな変化はなかった。自らを同性愛者と答えたのは、女性の1.3%、男性の1.9%だった。

その一方で、同性との性交渉の経験があると答えた女性は前回の14.2%から17.4%に増加。自分は両性愛者だと答えた割合も、女性では5.5%(前回3.9%)、男性では2%(同1.2%)とそれぞれ上昇した。

この研究の主著者であるCDCのケーシー・コペン氏によれば、女性のほうが両性愛者を自認する人の割合が多い傾向は過去の研究でもみられるという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]