日本で「中年童貞」が増加 その背景は

2015.12.27 Sun posted at 18:56 JST

[PR]

東京(CNN) 1980年代、記者が独身女性として日本で暮らしていた頃、日本経済は絶好調で、デートシーンも熱かった。流行の先端を行く女性は結婚前に処女を失うことをためらわなかった。だが、時代は変わり、性への関心は薄れた。

先ごろ発表された政府調査によると、「面倒くさい」などとして、恋愛相手を必要としない傾向が拡大。20~30代の日本人の40パーセント近くは異性関係を持っていない。2010年に行われた調査でも、30代で独身の日本人男性のうち4人に1人が童貞だとされている。女性に関する数値も、これをわずかに下回っているに過ぎない。

世界で最も高齢化が進んでいる日本にとって、性への無関心の広がりは憂慮すべき事態だ。少子化により将来、経済的な活力を維持できなくなるとの懸念も広がっている。

日本で増え続ける童貞の中年男性を刺激するため、ヌードデッサンの教室が開かれていると知った時、記者は半信半疑だった。30~40代になっても性体験がないのであれば、裸婦をスケッチするだけでは焼け石に水ではないかと思ったのだ。

だが、取材に応じた41歳の童貞男性サカイタカシ(仮名)さんによると、この教室は本物の女性の裸に最も近づいた経験になったという。ヌードデッサンの教室は東京で2カ月に1回、非営利団体(NPO)の「ホワイトハンズ」が開催している。

サカイさんは「私の場合は、女性と親密になる機会がなかった。いつか自然にそういった場面が訪れるものと考えていたが、結局、一度もなかった」と話す。

メールマガジン

[PR]