ISISに拉致された女性、絶望で「数百人」が自殺

ISISに拉致された女性、絶望で自殺

イラク・ドホーク(CNN) 「もしもし?」。かかってきた電話の声は途切れ途切れでほとんど聞き取れない。それでも窮状は明らかだ。「私たちは最悪の状況に置かれています」

電話を受けるアミーナ・サイード・ハサンさんはイラクの元議員。過激派組織「イラク・シリア・イスラム国(ISIS)」に拉致された女性たちの脱出を支援する活動を展開している。

電話は毎日のようにかかってくる。ハサンさんは、少数宗派ヤジディ教徒の女性たちをできるだけ多く助け出したいと願う。

イラク北部のモスルを掌握したISISは、ヤジディが住むシンジャル山に侵攻して女性や子ども数千人を拉致、男性は殺害した。非イスラム教徒の女性を捕虜とすることを正当化し、強姦(ごうかん)も許されると主張している。国連は、ISISによるヤジディ教徒の大量虐殺を非難した。

ハサンさんのもとには、行方不明になった大勢の女性らの家族が助けを求めにやって来る。ハサンさん自身もシンジャル出身のヤジディ教徒。「知り合いも大勢拉致された。親類もいるし、近所の人もいて、私に電話をかけてくる」と話す。

女性たちを奪還するためのネットワークは夫のハリルさんと共に運営。ハサンさんが電話を受けるとハリルさんが危険を冒してシリアとの国境地帯へ向かい、女性たちを連れ戻す。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]