中国軍の将来の戦争勝利に「深刻な弱点」 米議会諮問機関

香港(CNN) 米連邦議会の諮問機関「米中経済安全保障調査委員会」は15日までに、中国の人民解放軍の軍事力に関する報告書を発表し、将来的な戦争の遂行や勝利に必要な能力を妨げる「深刻な弱点」を抱えていると指摘した。

報告書の作成には米シンクタンク「ランド研究所」も参加。中国軍は短期間で急速な増強を示したものの、汚職問題を含む組織構造や戦闘能力の面などでの脆弱(ぜいじゃく)性を克服すべき重大な課題に直面していると分析。

これらの弱点は、中国の軍事参謀たちが将来の戦争で勝利を目指す上で必要と判断している、情報を一元化させて作戦の統合運用を成功裏に図る能力育成の障害になる可能性があるとしている。

同報告書によると、戦闘能力での欠点には後方支援態勢の不備があると指摘。台湾侵攻を想定した場合、大規模な部隊や装備品などを水陸両面で輸送する能力は不十分とした。

また、対潜水艦作戦にも十分に習熟していないと主張。中国軍は現在、複雑な近代兵器を既存の装備品に融合させる上で問題を抱えているとし、これら兵器の操作要員の欠如にも直面しているとした。

空軍では特別作戦に対応し得る航空機や過去に開発された航空機も組み合わせる編隊の数も不足していると述べた。

230万人の人員を持つ人民解放軍は汚職のまん延という早急に取り組むべき課題も持つとし、外部監察の発想がないことが主因と強調。同軍の指揮系統で唯一の文民は習近平(シーチンピン)国家主席であることに注意を向けた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]