デンマーク首都でまた発砲、3人負傷

2015.02.15 Sun posted at 11:44 JST

[PR]

(CNN) デンマークの首都コペンハーゲンにあるユダヤ教礼拝所付近で15日未明、男が銃を発砲し、警察によると3人が負傷した。同市内では14日午後にも発砲事件が起きて4人が死傷した。

2件目の負傷者のうち1人は頭部を撃たれた。残る2人は警官だった。けがの程度は明らかでない。

警察によると、容疑者は現場から逃走した。薄いグレーのジャケットを着用し、黒いズボンと靴を履いていたという。

この10時間ほど前には、風刺画家を支援する団体の集会で男が発砲、逃走していた。警察によると、両事件の間につながりがあるかどうかは分かっていない。

1件目の容疑者は当初2人組と発表されていた。警察報道官は、事件後の混乱で誤りが生じたと説明している。

メールマガジン

[PR]