南ア政府、追悼式の不手際認める 「偽通訳者」は否定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

手話通訳者にインタビュー

ヨハネスブルク(CNN) 南アフリカで10日に開かれたマンデラ元大統領追悼式の手話通訳が「でたらめ」だったと伝えらえた問題で、同国のボゴパネズール女性・青年・児童・障害者副大臣は12日に記者会見し、追悼式では不手際があったとしながらも、通訳者は偽りではなかったと説明した。

追悼式で手話通訳を務めたのはタマサンカ・ジャンティさん。通訳の内容について同国の聴覚障害者団体は、まったく意味をなさないでたらめだったと非難していた。

これについてボゴパネズール副大臣は、南アフリカには手話の標準語は存在せず、聴覚障害者の言葉にはさまざまな方言があると説明した。

ジャンティさんが追悼式のセキュリティ検査を通過できた経緯は調査中だが、「同氏は身分証を持っており、検査をすり抜けたわけではない」としている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]