「でたらめ」非難の手話通訳者が反論、マンデラ氏追悼式典

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マンデラ氏追悼式にでたらめ手話通訳

(CNN) 南アフリカのマンデラ元大統領の追悼式典で手話通訳を務めた男性の手振りが「でたらめ」との非難を集めている問題で、この男性は12日、地元ラジオ局に対し、通訳としての完全な資格を得ており、過去にも重要会合などでの業務をこなしてきたと反論した。

CNN系列のラジオ局702の取材に応じたもので、「大統領を含む数多くの記者会見に同席した。これまで私の通訳の間違いを指摘する者は1人もいなかった」などと主張した。

しかし、同ラジオ局との会見では最後に、「統合失調症」を患い、治療を受けていることを認めた。

ただ、南アの通訳者団体の責任者は男性の言い分に反論。南ア通信によると、同国の与党「アフリカ民族会議」(ANC)が昨年開いた会合では男性が通訳を務めたが、不満の声が上がっていたという。

追悼式を巡る国民の怒りが高まる中、男性の雇い主が誰かに注目が集まっている。

ANCの報道担当者は、10日に催された追悼式典で同党は男性を雇ってはいなかったと主張。過去には時折、仕事を頼むことはあったが、10日の行事はANC主催ではないと説明した。

男性は、追悼式典での登場についてANCに雇われた通訳企業に求められた仕事だったと述べている。

南アのチャバネ大統領府相は一連の報道を受け、調査を開始したことを明らかにした。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]