パンナム機爆破事件、米連邦地裁に容疑者が初出廷

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

34年前のパンナム機爆破事件、リビア人の男を拘束 米当局

ワシントン(CNN) 1988年12月に起きたパンナム航空機爆破事件に関与したとされるリビア人の男が12日、コロンビア特別区の米連邦地裁に初出廷した。爆弾製造にかかわったとみられることから、裁判所は上記のテロ攻撃とつながりがあったとして男を正式に訴追した。

パンナム航空103便は英ロンドンから米ニューヨークへ向かう途中、スコットランドのロッカビー上空で爆破され、乗客乗員ら270人が死亡した。

地裁判事はアブアギラ・マスウド被告に対し、3つの罪状で訴追されたことを告げた。被告は裁判手続きの前に弁護士と協議する必要があるとして、罪状認否を行わなかった。

被告に対する公判前の尋問は今月27日に予定されており、この日までに弁護士との協議を行う見通し。

罪状のうち「死亡につながる航空機の破壊」は死刑や終身刑に該当するが、連邦検察は死刑を求刑する計画はないと説明。罪を犯した年の時点では憲法上死刑を適用することができなかったためだとしている。

白いひげをたくわえ、囚人用のつなぎに身を包んだマスウド被告はほとんど足を引きずるようにして被告席に着くと、ヘッドホン越しに通訳の言葉を聞いた。発言はほぼなかったものの通訳を介して判事に対し、インフルエンザにかかっており治療を受けたと告げた。

メールマガジン登録
見過ごしていた世界の動き一目でわかる

世界20億を超える人々にニュースを提供する米CNN。「CNN.co.jpメールマガジン」は、世界各地のCNN記者から届く記事を、日本語で毎日皆様にお届けします*。世界の最新情勢やトレンドを把握しておきたい人に有益なツールです。

*平日のみ、年末年始など一部期間除く。

「米国」のニュース

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]