トランプ米大統領、NYなど3州の移動制限を要請 「隔離」は見送り

米国のトランプ大統領。ニューヨークなど3州への移動制限を要請した/Drew Angerer/Getty Images

米国のトランプ大統領。ニューヨークなど3州への移動制限を要請した/Drew Angerer/Getty Images

(CNN) トランプ米大統領は28日、新型コロナウイルスの感染拡大が続くニューヨーク、ニュージャージー、コネティカット各州の一部地域を対象とした厳しい移動制限を米疾病対策センター(CDC)に要請した。

トランプ氏はツイッターを通し、ホワイトハウスの対策チームによる提言に基づき、3州の知事と協議して決定を下したと説明。制限措置は各知事が連邦政府と連携して施行すると述べた。

これに先立ちトランプ氏が同日、3州の一部を2週間ほど「隔離」する措置を検討していると発言したのに対し、クオモ・ニューヨーク州知事は記者会見で「何を意味するのかさえ分からない」と強い反発を示した。クオモ氏は隔離措置の実効性や合法性を疑問視し、「大混乱を招くだけだ」と主張していた。

トランプ氏はツイートで「隔離は必要ないだろう」と述べた。移動制限の詳細はまもなく発表されるという。

ニューヨーク州などからの移動をめぐっては、富裕層がフロリダ州の別荘などへ脱出していると伝えられ、デサンティス・フロリダ州知事はこうした人々に自己隔離を義務付けるなど、強い懸念を示していた。

感染拡大の深刻化を受けて、トランプ氏は20日、必要な医療物資の増産に向け、朝鮮戦争中に成立した防衛生産法(DPA)の発動に踏み切った。28日の会見では、今後1週間でさらに1~2回、同法を発動させる方針を示した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]