シンガポール、新法で対人接触を抑制 違反なら禁錮6カ月も

シンガポールで他人との接触を抑制するよう定める新法が発効した/Maverick Asio/SOPA Images/LightRocket via Getty Images

シンガポールで他人との接触を抑制するよう定める新法が発効した/Maverick Asio/SOPA Images/LightRocket via Getty Images

(CNN) シンガポール保健省は28日までに、新型コロナウイルス対策で打ち出す他人との接触を可能な限り避ける措置に違反した場合、最大で禁錮6カ月を科すなどの新たな法律を発表した。

他人との接触に関する措置では少なくとも1メートルの距離を設けることや仕事や学校以外で10人以上集まる会合などへの参加を回避することを定めている。27日に発効した新法では、禁錮刑と共に最大で1万同国ドル(約76万円)の罰金も盛り込んだ。

在宅を指示されながらもこれを破った場合や一部の外国人入国者などにも新法の罰則が適用される。

シンガポールでは25日、1日としては過去最多となる73人の新たな感染者の発生が報告された。

同国では23日以降、国内への短期訪問者や通過する旅行者の入国も禁止された。ただ、シンガポール内での就労許可証を持つマレーシア人だけは除外されている。

政府はまた、企業に対し社員同士の物理的接触を減らし、在宅勤務の導入も促している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]