米下院、トランプ大統領の弾劾訴追状を作成へ ペロシ議長が指示

米下院、トランプ大統領の弾劾訴追状を起草へ

(CNN) 米民主党のペロシ下院議長は5日、トランプ大統領に対する弾劾(だんがい)訴追状の作成を進める方針を明らかにした。トランプ氏は弾劾訴追される米史上3人目の大統領となる可能性が高い。

ペロシ氏は記者会見で「私はきょう、(司法)委員長に対して弾劾訴追状の作成を進めるよう要請する」と表明。「大統領はまたもや自らの利益のために選挙を腐敗させようとしており、我々には行動以外の選択肢は残されていない」と述べた。

ペロシ氏の発表により、クリスマス前の弾劾訴追に向け動きを早める民主党の姿勢が明確になった。

下院司法委員会は同日、次回の弾劾公聴会を9日午前9時から開催すると発表した。情報、司法両委員会の法律顧問から証拠を聴取する予定。

ペロシ氏の記者会見では、大統領を憎んでいるのかとの質問が飛び、同氏が色をなして反論する場面もあった。「カトリック教徒として、私に向けた質問で『憎しみ』という言葉を使ったことに怒りを覚える。私は誰も憎んでいない」としている。

ペロシ氏はさらに「事実に疑いの余地はない。大統領は自らの政治的利益のために職権を乱用し、我が国の安全保障を犠牲にした」と主張。トランプ氏が軍事支援やホワイトハウスへの招待を見返りに、ウクライナに自身の政敵に対する調査の表明を求めたと指摘した。

これに先立ち、トランプ氏はツイッターに、上院での弾劾裁判に移れるよう、民主党は速やかに訴追を行うべきだと書き込んだ。上院では共和党が過半数を占めている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]