高校の卒業パーティーで発砲 1人死亡、8人負傷 米アラバマ州

事件の現場となった集会所=アラバマ州アトモア/WPMI

事件の現場となった集会所=アラバマ州アトモア/WPMI

(CNN) 米アラバマ州の集会所で開かれた地元の高校の卒業パーティーで銃撃事件があり、1人が死亡、8人が負傷した。警察は、現場から逃走した容疑者の行方を追っている。

事件はフロリダ州との州境に近いアラバマ州アトモアの集会所で18日未明に発生した。エスカンビア郡ハイスクールの卒業パーティー会場で女性2人がけんかになり、周りが仲裁しようとしていたところで、何者かが銃を発砲した。

アトモア警察によると、18日午前2時ごろ、集会所で発砲があったという通報があり、警察が現場に駆け付けたところ、まだ発砲が続いており、男性1人がカフェテリアで死亡しているのが見つかった。事件が起きた現場は、元中学校の建物を改装した集会所だった。

けがをした8人は近くの病院に運ばれて手当てを受けた。

エスカンビア郡ハイスクールのデニス・フクア校長は18日、「私たち全てが悲劇の苦痛を感じている。暴力行為のために、我が校の卒業生と在校生数人が負傷した。集会所で起きた事件が、我が校の3年生とフットボールチームの成功を汚した」とする談話を発表した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]