冤罪で39年服役、71歳男性に23億円の賠償金支払いで和解

冤罪で39年間服役していたクレイグ・コリーさん(71)/Rich Pedroncelli/AP

冤罪で39年間服役していたクレイグ・コリーさん(71)/Rich Pedroncelli/AP

(CNN) 米カリフォルニア州で1978年に2人を殺害した罪に問われ、39年服役した後に冤罪(えんざい)だったとして釈放された男性に対し、市などが2100万ドル(約23億円)の賠償を支払う内容の和解が成立した。

元海軍兵のクレイグ・コリーさん(71)は、1978年に女性とこの女性の息子(当時4)を殺害したとして80年に有罪を言い渡され、39年服役した。冤罪で服役した年数としてはカリフォルニア州で史上最長だった。

しかし検察や警察が捜査のやり直しを行った結果、有罪の決め手とされた証拠に含まれていたのがコリーさんの遺伝子ではなく、別人の遺伝子だったことが判明。目撃者からも話を聞くなどして捜査を進めた結果、コリーさんは無実だったと判断した。

コリーさんはカリフォルニア州のブラウン知事によって2017年11月に赦免され、ベンチュラ郡検察とシミバレー警察も赦免を支持すると表明。コリーさんには1万3991日の服役に対して1日当たり140ドルの換算で、およそ200万ドルの補償金が支払われることが決まった。

しかしコリーさんはこの額を不服として提訴し、シミバレー市は23日、コリーさんに2100万ドルを支払うことで、和解が成立したと発表した。

市はコメントを発表し、「どれほどの金額をもってしても、コリーさんに起きたことの償いはできない。だが本件の和解はコリーさんにとっても社会にとっても正しいことだ」と述べている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]