受刑者がパソコンを「自作」、刑務所内でポルノも閲覧 米

2017.04.13 Thu posted at 10:19 JST

[PR]

(CNN) 米オハイオ州の刑務所で服役中の受刑者数人が手薄な監視の隙を突いてコンピューター2台を組み立て、刑務所を管轄する州保護矯正局(ODRC)のネットワークに不正アクセスしていたことが13日までに分かった。当局がこのほどまとめた報告書で明らかになった。

2台のコンピューターは同州マリオン郡の刑務所で天井裏に隠されているのが2015年に見つかり、州監察局が調査に乗り出していた。

コンピューターを調べた結果、別の受刑者の情報を使ったクレジットカードの申し込みや、ポルノ閲覧、税金還付詐欺に関する調査、自家製ドラッグの製造法、メッセージ送受信などの記録が残っていた。

さらに、刑務所内の複数カ所に出入りできる通行証を発行させることにも成功していた。

事態が発覚したのは、1日当たりの許容限度を超えてODRCのネットワークを使っているコンピューターについて、警報が出たことがきっかけだった。刑務所の業務を委託されていた元職員のパスワードなどが盗まれ、問題のコンピューターで使われていたことも分かった。

受刑者たちは、古い電子機器を解体してリサイクル部品を回収する刑務所内の活動を通じ、古いコンピューター部品を入手していたという。

調べに対し、受刑者2人がコンピューターを組み立てて天井裏に置いたことを認めたとされる。このうちの1人は、監視態勢が極めて手薄だったことから、刑務所内でコンピューターを持ち運ぶことができたと供述しているという。

ODRCは報告を受け、内容を徹底検証した上で再発防止に努めると表明した。

メールマガジン

[PR]