トランプ氏の国家非常事態宣言、3分の2が反対 米世論調査

トランプ大統領の「非常事態宣言」について3分の2が支持しない姿勢を示していた/Michael Reynolds/Pool/Getty Images

トランプ大統領の「非常事態宣言」について3分の2が支持しない姿勢を示していた/Michael Reynolds/Pool/Getty Images

(CNN) メキシコ国境の壁建設を狙ったトランプ大統領の国家非常事態の宣言を支持する米国民は3割にとどまることが最新世論調査で17日までにわかった。

調査はCNNが委託した世論調査企業SSRSが2月初旬に実施した。トランプ氏は今月15日に国家非常事態の宣言に踏み切った。

今回調査と同様の結果は1月に実施された他の世論調査5件でも出ている。いずれも非常事態宣言の支持は約3分の1、反対は3分の2だった。5件にはキニピアック大学が実施の2件などが含まれ、調査対象は成人ではなく登録済み有権者のものもあった。

SSRS調査の結果を党派別に見た場合、民主党支持者の96%が反対し、無党派層では63%。一方、共和党支持者では31%が支持しなかった。トランプ氏の支持基盤である共和党支持者の間でも非常事態の宣言が広範に共感を得られる選択肢ではないことがわかる。

メキシコ国境の壁建設問題では、連邦議会で超党派が先に可決した予算に一部が計上され、トランプ氏も署名。政府機関の再度の閉鎖を回避するための選択だった。ただ、トランプ大統領が要求していた建設費には十分届かず、国家非常事態の宣言は足りない金額を捻出するための策ともなっている。

今回の世論調査では新たな政府機関の一部閉鎖には米国民の57%が反対した。

調査は今年1月30~2月2日に無作為に選んだ全米の成人1011人を対象に、固定電話もしくは携帯電話を通じて意見を尋ねた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]