空き家に侵入したらトラがいた、マリフアナ吸引の集団が発見 米

空き家に侵入したらトラがいた

(CNN) 米テキサス州ヒューストンで、マリフアナを吸う目的で空き家に侵入した集団が、置き去りにされたトラを発見する出来事があった。トラは保護されて、12日に保護施設に運ばれた。

CNN系列局のKTRKによると、発見者から通報を受けたヒューストン警察は、当然ながら不審に思い、「ドラッグの影響なのか、それとも本当にトラを見たのか問い詰めた」という。

しかし現場に到着した警察は、この空き家のガレージの中で、おりに入れられたトラ1頭を発見した。

この家はかなり前から空き家になっていたが、トラに与えられていたとみられる肉も一緒に見つかったという。ガレージの中は真っ暗で劣悪な環境にあり、トラは喉が渇いた様子だったため、警官が水を与えた。

トラは鎮静剤を打たれ、レッカーで搬出されて、12日に約320キロ離れたテキサス州内の動物保護施設に運ばれた。動物保護団体のヒューメーン・ソサエティによると、この施設では今回保護されたトラを含めて3頭のトラと、800匹あまりの保護動物を飼育している。

捜査は今も続けられているが、トラの飼い主が訴追されるかどうかは分からない。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]