渡航先の危険度、4段階で区分 米国務省が新システム

北朝鮮など11カ国が「渡航禁止」の評価となった

北朝鮮など11カ国が「渡航禁止」の評価となった

1年間の検討期間を置いたという今回の新制度は先月発表されていた。従来の制度が混乱を招きがちで、多数の注意や警告への対応の在り方が難しいとする国民の声を反映させたとしている。

キューバが段階の4ではなく3に含まれたことについては驚きの声も出ている。同省は昨年9月、キューバの首都ハバナの米大使館員の多くが特定の攻撃にさらされ特定の負傷を被った事件を受け、同国への渡航禁止を促す警告を出していた。

欧州諸国では、米国民に人気の目的地でありながら複数のテロ事件が発生したフランスとベルギー、ドイツなどが段階の2に位置付けられた。ロシアはテロと嫌がらせへの懸念で3となった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]