トランプ米大統領、訪韓時の非武装地帯視察を見送りか

2017.10.24 Tue posted at 12:00 JST

[PR]

ワシントン(CNN) 米ホワイトハウスは23日、11月に予定しているトランプ大統領の韓国訪問時に北朝鮮との間にある非武装地帯(DMZ)を視察することについて見送る公算が大きいと明らかにした。スケジュールが立て込んでいるためとしているが、非武装地帯訪問の可能性が完全に排除されたわけではないともしている。

当局者は非武装地帯の視察について重要視しない姿勢を示している。米当局者は「我々は、いずれの方法でも何らかのメッセージを送ることになるとは考えていない」と述べた。

非武装地帯については、これまでにオバマ前大統領らが在任中に訪問していた。

トランプ大統領は北朝鮮に対する言動を強めている。北朝鮮が米国を威嚇し続けるなら、「炎と怒り」に直面するなどと警告していた。

非武装地帯は一種の観光地ともなっているものの、政府高官などが訪問する場合は、韓国と北朝鮮の両方の緊張が高まる。

トランプ政権幹部では、ティラーソン国務長官が3月に、ペンス副大統領が4月に非武装地帯を訪問している。

メールマガジン

[PR]