行方不明のカップルを遺体で発見、状況に悲観して自殺か 米

2017.10.23 Mon posted at 13:45 JST

[PR]

(CNN) 米カリフォルニア州当局は23日までに、3カ月前に行方不明になったカップルが同州内にあるジョシュア・ツリー国立公園で、遺体で見つかったと明らかにした。2人とも銃で撃たれて死亡しており、抱き合った状態だったという。当局は、状況に悲観して自殺した可能性があるとみている。

見つかったのは、レイチェル・グエンさん(20)とジョセフ・オルベソさん(22)。サンバーナーディーノ郡の保安官事務所の声明によれば、警察は現場で発見された証拠から、オルベソさんがグエンさんを撃ち、その後、自分を撃ったとみているという。

遺体のそばで見つかった銃の登録者はオルベソさんだった。

公園近くにある宿泊施設のオーナーが7月28日、2人がチェックアウトしなかったため、行方不明になったと通報した。オーナーは当局に、カップルがジョシュア・ツリー国立公園に向かった可能性があると伝えていた。

2人の遺体は先週、公園の人里離れた渓谷で発見された。

CNNの系列局KABCによれば、水のボトルや食べ物の包みが遺体の発見につながった。

メールマガジン

[PR]