トランプ大統領が戦死した米兵の遺族に「分かっていた」 米議員

2017.10.18 Wed posted at 17:04 JST

[PR]

(CNN) 米軍部隊の一員として西アフリカのニジェールに派遣され、武装勢力の襲撃で死亡した兵士の妻に対し、トランプ米大統領がかけた言葉が「あまりに無神経」との非難を浴びている。

ニジェールに派遣されていたデービッド・ジョンソン軍曹ら米軍兵士4人は今月4日、現地で襲われて死亡した。

ジョンソンさんの遺体は17日の夕刻、フロリダ州マイアミの自宅に戻った。トランプ氏はこの直前、ジョンソンさんの妻に電話をかけ、「本人は自分の任務を理解していただろうが、それでも遺族にとってはつらいことだろうと推察する」と話したという。

遺族と同じ車に乗っていた同州選出のウィルソン下院議員が電話のスピーカー機能で通話の一部を聞き、同日出演したCNNの番組で語った。

ウィルソン氏はCNN系列局とのインタビューで、「悲しみに暮れる妻に言う言葉ではない。戦争に行けば生きて帰れないかもしれないことはだれでも知っているが、夫を亡くした妻にわざわざ言い聞かせることではない。あまりに無神経だ」と怒りをあらわにした。

また「ジョンソンさんは地域社会の英雄。あの発言は地域全体や郡全体、国全体への侮辱だ。ほかの3人の遺族に同じ言葉をかけなかったことを願う」と語った。

メールマガジン

[PR]