失効直前に気づく、ポケットに27億円の宝くじ 米男性

(CNN) 米ニュージャージー州居住の男性が1年以上前に購入していた宝くじを古着のシャツのポケットに放置し続け、当選が失効する直前に賞金2410万ドル(約27億円)射止めていたことを初めて知る珍事がこのほどあった。

クジの抽選日は昨年の5月25日で、衣装棚にかけておいたシャツのポケットの中で見付けたのが今年の5月23日。失効する日は5月25日だった。

この男性は元警備員のジミー・スミスさん(68)で、確認せずポケットに詰め込んだままだった多くのくじの中から当選したものを発見していた。当たり券とはとても信じられず、自宅の窓から頭を突き出して深呼吸し、「これは現実だ」と自分に言い聞かせたという。

ニューヨーク州のくじ実行組織は、当選券はニューヨーク市のワイン販売店で売られていたことを確認していたが、購入者はわかっていなかった。当選くじを届け出る有効期間は1年。失効日が近付いていることから今年初期にくじ愛好者らに保有くじの再確認を促す措置を講じていた。「ポケット、手袋の収納箱やソファのクッションの下を探して」などと訴えていた。

スミスさんは当選者が名乗り出ないこのくじの話をニュースで知り、購入済みのものを調べる気持ちは抱いていた。ただ、時間が出来たら確認しようとの思い続けながらも、衣装棚に行くまでには手間取っていたという。

スミスさんは賞金を26年間の分割払いで受け取ることを決めた。子どもが2人、孫が12人いるが、当選にまつわる騒ぎが落ち着けば「家族会議」を開き、使途などを話し合う計画だという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]