がん治療の息子の点滴に排泄物、母親を逮捕 米

(CNN) 米インディアナ州インディアナポリスの裁判所は27日までに、がん治療のため小児病院に入院中の息子(15)の点滴用薬液が入った袋に自らの大便の一部を混入させていた疑いで母親(41)が逮捕、訴追されたことを明らかにした。

裁判所文書によると、容疑者は動機について息子が手当てを受けている集中治療室より良い治療が可能と思い込んだ同病院の別の診療部門へ移すことを狙ったと供述した。加重暴行6件と扶養対象者の深刻な身体障害につながる怠慢行為の罪に問われている。

汚物の注入は今年11月13日から同17日にかけて複数回行われていた。息子の生命や健康が脅かされるのを知った上での犯行としている。

同州マリオン郡の警察の捜査書類によると、息子は今年8月初旬以降、白血病治療のためライリー小児病院に入院。9月初旬にいったんは退院したものの数日後に高熱、嘔吐(おうと)などの症状を訴えて再度入院していた。

その後の血液検査で感染症が判明し、大便の中に通常見られる細菌が原因であることを突き止めていた。病院職員はこのことから何者かが点滴装置を汚染させていることを疑い、病室に監視カメラを設置して注視し続けていたところ母親の犯行がわかった。

母親は児童虐待対策当局の調べに最初は水を入れたと主張したが、後になって汚物を混入させたことを認めた。使った排泄(はいせつ)物は袋に入れ11月13日から息子の病室の浴室の洗面台に置いていたことも自供したという。

被害を受けた息子を治療しているインディアナ大学医学部の小児科准教授は、最大の懸念は母親の犯行により白血病の症状を緩和させ続ける手当てで最良の機会を失ったことにあると指摘した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]