ふん便が薬に、新治療「ふん便移植」が脚光 9割で症状改善

2015.10.12 Mon posted at 17:33 JST

[PR]

米マサチューセッツ州メドフォード(CNN) 米マサチューセッツ州ボストン近郊の研究室で、健康な人のふん便を腸炎の治療に役立てる方法が開発され、注目を集めている。

マサチューセッツ工科大学(MIT)の研究助手、エリックさん(24)は昼時、便意をもよおした。仕事を中断すると電車とバスを乗り継ぎ、MITから30分ほどの地点にあるトイレに到着。見た目は普通の公衆トイレと変わらない、何の変哲もないトイレだ。違いはただ1つ。ここでのトイレ休憩は、命を救うのである。

エリックさんは収集用のバケツを便器の内側にかけ、用を足した。事が終わると容器にふたをして袋に入れ、隣接する「オープン・バイオーム」に向かう。オープン・バイオームはボストン北西部にある研究室で、特別に健康な人の便を治療薬に転換する方法を開発している。

研究室の技術員はエリックさんの「サンプル」の重さを計測。エリックさんは2カ月半で29回訪問し、約4.8キロの便を排出した。これにより、クロストリジウム・ディフィシルによる大腸炎に苦しむ患者に向け、133本の治療液を生成することができる。この病気には年間50万人の米国人が罹患(りかん)し、1万5000人が死亡している。

エリックさんは便を提供に向けて、109点に及ぶ臨床評価項目を通過。肥満だったり、違法薬物や抗生物質の使用などがあったりすると、ドナーの資格を得ることはできない。

メールマガジン

[PR]